記事一覧

大観峰は初夏を迎えました。

5月の連休も終わり県内各地では、連日30度を越す真夏日ですが、ここ大観峰一帯の阿蘇の草原では、なんともすがすがしい心地良い風が吹き渡っています。

先日 「 阿蘇世界農業遺産、登録へ 」 という地元新聞の一面トップの見出しに目が釘づけになりました。
ここ大観峰から見下ろすカルデラ内の景色には、毎日見る私でさえ感動していたからです。
今は田植えも終わり水をはった田んぼがキラキラとあちらこちらに見られます。

朝、茶店へ向かう車窓からは放牧された牛達が草をはみ、道路沿いに出迎えに来てくれて、なんとものどかでほのぼのとした気持ちにさせてくれます。
草原には白、黄、紫、等 色とりどりの山野草が可憐な花をつけ、山菜もあちらこちらに見かけます。

初夏を迎えた雄大な阿蘇へ、時にはのんびりと心と身体に草原のシャワーを浴びに来られませんか?
日常とは違い、きっとリフレッシュ出来る事でしょう。

大観峰へ足を運んで下さったお客様が 「 ほっ 」 と一息つける様な茶店を目指し、豊富な品揃えの 「 くまモン 」 グッズのお土産品や 「 ジャージーソフト 」 「 あか牛牛丼 」 等、阿蘇のおいしいメニューを準備してお待ち致しております。

                             焼物担当  井 早苗

大人気 【 くまモン 】 グッズはいかが?

ダイヤモンドとスポーツの融合。 パテックフィリップの新作時計「ノーチラス・レディ」。

パテックフィリップは、多くの人が憧れる時計です。 スーパーコピーブランド専門店 口コミ時計の青息吐息」と呼ばれるパテックフィリップは、創業以来、数々の名作を生み出し、賞賛されてきました。1976年には初のスポーツウォッチ「ノーチラス」を発表し、当時の時計界に金字塔を打ち立てたのです。 今日、パテックフィリップのノーチラスモデルは、その一目でわかるデザインと優れた性能により、時計製造の世界でユニークな地位を占めています。 今年、パテックフィリップのノーチラスコレクションから、新しい女性用時計が発売されましたので、ご紹介します。 (時計型番:7118/1200A-010)。

今年のノーチラス・コレクションは、女性向けに、輝く白文字盤バージョン、青文字盤バージョン、グレーと黒のグラデーション文字盤バージョンの3色を用意し、直径は35.2mmに拡大しました。

動作中の時計

クラシックな舷窓のデザインは、ノーチラス・コレクションのハイライトの一つで、八角形のベゼルはポリッシュ仕上げで、面取りされたエッジが特徴です。

ステンレススチール製の直径35.2mmの時計は、側面をサテン仕上げにし、金属的な光沢を持たせています。 ベゼルには56個の精緻なダイヤモンドがセットされ、煌びやかな輝きを放ちます。

ポリッシュ仕上げのリューズには、パテックフィリップのクラシックな「カラトラバ・クロス」ロゴが刻まれ、その周囲には滑り止めのテクスチャーデザインが施されており、手になじんで時刻合わせがしやすくなっています。

光沢のあるホワイトの文字板には、海の穏やかな波紋を思わせる横長のレリーフ模様が施されています。 ゴールドのアプライドインデックスとレタリングブロックは独特の立体感を持ち、アワーマーカーと針には夜光塗料が塗布されているため、あらゆる光の状況下で容易に時刻を読み取ることが可能です。

ブレスレットとケースは滑らかに接合され、サテン仕上げの水平リンクとポリッシュ仕上げの中央リンクが順番に配置されています。 ブレスレットにはフォールディングクラスプを採用し、装着する人の手首の大きさや癖に合わせて2~4mm長さを伸ばすことができる新調整機構を搭載し、快適性を高めています。

ケースバックに目を向けると、自動巻きムーブメント、キャリバー324SCが姿を現し、21Kゴールド製のローターにはブランドの「カラトラバ クロス」ロゴが刻まれています。 このムーブメントは、35~45時間のパワーリザーブを備えています。

結論:パテックフィリップは、そのユニークなデザイン、高貴な魅力、そして丹念に磨き上げられたムーブメントによって、多くの時計愛好家の夢をかなえる時計である。 このノーチラスレディースウォッチも同様で、ダイヤモンドの輝きとスポーツウォッチが融合し、ユニークなリストタイムピースを作り上げました。

大観峰に春がやって来て・・・

阿蘇の春の訪れをつげる野焼きも終わり、待ちに待った春がやって来ましたね!!
なぜか心ウキウキの春ですね。

お久しぶりです。1年ぶり位かな? 報告します。
入社以来ず~っと配属され、ひたすらソフトクリームを作りつづけて来ましたが、この2月より売店異動となりました。
焼物コーナーでは、大変お世話になりました。
たくさんの皆様に声をかけて頂き、楽しく過ごす事ができました。焼物コーナーより歩いて10歩、売店へも是非、顔を出して下さい。
今は、たくさんある商品の値段を覚える事に必死です。
さすが人気者、くまモン商品の売れる事には、びっくりです。
小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃん達まで売れてます。
多くのくまモングッズがありますので御来店下さい。

野焼きの後、真っ黒な原野から少しずつ緑の原野へと変わって行きます。新緑の阿蘇にパワーをもらいに来ませんか?
売店の3人娘(???)が笑顔でお待ちしています。

                           売店担当 北里千鶴

大観峰は春の予感・・・

例年より暖かく感じた冬も終わろうとしています。
草原のところどころでは春の予感を感じさせる草原の芽が出始めています。
厳しい冬に耐えてきたこの大観峰にも春が訪れようとしています。

3月には、大観峯一帯の草原の維持に大切な【野焼き】が行われます。
予定は、3月10日の日曜日です。天候により順延になる事もあります。
大観峯一帯の燃えさかる様は、まさに圧巻です。見学客の人も大勢来られます。 草原維持の大変さ!! 継続していく上での難しさ!! 等をかかえている野焼きです。
是非、お越し下さい。!!

ただ、見学に来られるお客様!!
危険な事もあり得るかもしれませんので、気をつけてお越し下さい。

野焼きが終わった後の大観峰には、新しい草花が一斉に芽を出し始めます。
又、新しい季節が始まります。

大観峰茶店には、人気のあか牛牛丼、ジャージー牛乳ソフト、プリンソフト、くまモンの工芸品、数々のお土産を揃えております。
ご来店をお待ちしております。
                          焼物コーナー担当 小野さちよ
                       

冬の大観峰もス・テ・キです!!

皆様こんにちは。新人の松本ゆかりです。

入社してあっという間に3ヶ月が過ぎ、正月太りも解消しないまま毎日楽しく過ごしております。

こちら大観峰からは阿蘇谷をはじめ、南に阿蘇五岳、祖母連山、北東に久住連山等、360℃ 山に囲まれ四季折々の姿を見せてくれます。今の時期はうっすらと雪化粧した山々が立体的に見え、とても”幻想的 ”です。

先日は、仕事帰りに車窓から外を見ると、子鹿が二頭走っていました。阿蘇はまだ自然が沢山ある所だと思います。入社しなければ、こんな体験する事も自然豊かな山々を見る事もなかったと思います。

阿蘇に来られた際は是非、大観峰まで足を運んで下さい。

スタッフ一同お待ちしております。
下記の写真は、店内設置の【くまフォトアプリ】で撮りました。
みなさんも撮られたらいかがですか?
                           焼物コーナー担当 松本ゆかり

※ 大観峰一帯の野焼きが3月10日に決定いたしました。
  天候により、日程が変わる事があります。

ファイル 63-1.jpg