記事一覧

謎に満ちた芸術家 Zevs が Supreme と Louis Vuitton を題材にした個展を開催

ペンキを滴らした独創的な作風が持ち味のフランス人アーティストが久しぶりに表舞台に登場

Invader(インベーダー)やAndré Saraiva(アンドレ・サレヴァ)との親交が深く、大手企業の広告看板をペンキで塗りたくった“ビジュアル・キッドナッピング”と呼ばれるアートワークで1990年代のストリートシーンを沸かせたフランス人アーティスト、Zevs(ゼウス)。その偉大な芸術家が〈Supreme(シュプリーム)〉と〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉を題材にしたアート展を香港の『Over The Influence Gallery』にてスタートさせた。

昔から変わることのない作風に昇華した本個展“Supreme Meme”では、両者のブランディングとモノグラムを多用したシンボリックなアート作品に加え、ペインティングを施したGreco Roman(グレコ・ローマン)風の銅像が展示されている。まずは上のフォトギャラリーより、8月4日(土)まで開催中の“インスタ映え”スポットの様子をチェックしてみよう。

あわせて、韓国の庶民派ショッピングモールに突如出現したKAWS(カウズ)の巨大パブリックアートや「teamLab(チームラボ)」による豊洲の“超巨大没入空間”もご確認お忘れなく。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー